· 

定例探鳥会

【天候】晴れ
コロナ感染予防で中止となっていた探鳥会が再開されて、子どもたちを含め多くの人が集まりました。そのため、二つのグループに分かれて観察をしました。中本さんは常連さんたちのグループ、私は子どもたちや初心者のグループを担当。森の中では冬鳥や夏鳥の姿があり、鳥の声も賑やかでした。クロツグミやコムクドリが観察できて、近くの満開の桜に次々とメジロの群れがやってきたシーンには歓声があがっていました。このグループは、ヒレンジャクの群れには会えず残念でしたが、ゆっくりと野鳥観察を楽しめた時間となりました。

【観察できた鳥】
キジ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、コガモ、
キンクロハジロ、カンムリカイツブリ、キジバト、ウSP、アオサギ、
オオバン、ウミネコ、セグロカモメ、トビ、コゲラ、
キツツキSP、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、
ヒバリ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、
エナガ、メジロ、ヒレンジャク、ムクドリ、コムクドリ、
クロツグミ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ルリビタキ、
ジョウビタキ、スズメ、キセキレイ、カワラヒワ、シメ、
ホオジロ、アオジ  
計42種

【参加者】
計48名